MEMSデバイスを用いたアプリケーションを提案し、試作した成果を競う国際コンテストです。

iCAN'20 国内予選大会(オンライン開催) 結果

iCAN'20の国内予選大会は2020年4月12日(日)せんだいメディアテークにて開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大のため、オンライン開催へと変更し、2020年9月30日(水)にiCAN'20国内予選大会が開催されました。12校14チームがご参加くださいました。
第1位のROGERIO様、第2位HEIJI様、FUKUZA様(第2位は2チーム)、第4位のP. Phantom様は、10月27日・29日、中国の青島にて開催のオンライン世界大会出場権を獲得いたしました。
おめでとうございます。
また、このような大変な状況の中、試作を進め、ご参加くださりました全チームの皆様にiCAN事務局一同感謝申し上げます。



iCAN’20国内予選大会(オンライン審査後)のZoom参加のチームの皆様と審査員の皆様、事務局メンバーの集合写真

チーム名 作品名  学校名
1位 ROGERIO 路面状況検出システム 石巻専修大学
2位
HEIJI 爆音安心 仙台城南高等学校
東北大学
2位
FUKUZA LuftWrite 東北大学
4位 P. Phantom シャベルシャベル 甲府南高等学校

iCAN'20 世界大会(オンライン開催) 結果

iCAN'20の世界大会は2020年10月27日(火)・29日(木)に中国の青島にてオンライン開催されました。
iCAN'20国内予選大会の上位4チームが、世界大会に出場いたしました。
日本チームが上位入賞し、大変素晴らしい世界大会となりました。おめでとうございます。



2nd Prizeを受賞したROGERIO(石巻専修大学)


2nd Prizeを受賞した
FUKUZA(東北大学)


3rd  Prize
を受賞したHEIJI(仙台城南高等学校、東北大学)



3rd  Prize
を受賞した
P. Phantom(甲府南高等学校)

Country Project Title
1st  Prize FRANCE ASDlearn,the diagnostic assistance for the early autism's delection
1st  Prize  CHINA Calmspoon Stabilizing Tableware
2nd Prize JAPAN Road Surface Condition Delelctiom System(ROGERIO)
2nd Prize JAPAN Luft Write-Characteristic Recognition Pen(FUKUZA)
3rd  Prize
JAPAN Alap(As Loud As Possible in Music)(HEIJI)
3rd  Prize
JAPAN Shaberu-Shaberu(P.Phantom)