ショールームについて

1、経緯
 平成17年に締結された仙台市とフラウンホーファー研究機構との協力協定による成果として、平成18年度より泉区の(株)メムス・コア内に「仙台MEMSショールーム」を設置し、メムス・コア、仙台市、フラウンホーファー日本代表部、東北大学大学院工学研究科による四者で運営を行ってきました。
 平成22年より、東北大学マイクロシステム融合研究開発センターが実施する最先端研究開発支援プロジェクトの一つとして、東北大学西澤潤一記念研究センター内にMEMS試作開発拠点である「試作コインランドリ」が稼動し、国内のMEMS技術者による利用が増えてきていることから、ショールームを同センター内に移設し、仙台地域のMEMSの拠点性を一層アピールしていきます。


2、施設概要

(1)設置機関:MEMSパークコンソーシアム、仙台市、フラウンホーファー日本代表部、東北大学マイクロシステム融合研究開発センター
(2)場所:東北大学西澤潤一記念研究開発センター本館2階  (宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉519-1176)
(3)面積:約71.6u
(4)開所日:平成24年5月16日(水)
(5)特徴:  
 ○展示内容を一新し、東北大学におけるMEMS研究の歴史や、各研究室における最先端の研究内容を展示します。また、東北大学と関係の深い海外研究機関や地域のMEMS関連企業の研究開発成果も展示し、仙台地域のみならず、世界のMEMSの歴史や最新技術、特に研究開発から実用化に至る流れを一目で把握することができます。
 ○ショールーム内に畳ゾーンやスクリーンを設置し、関係者による打合せや小規模なセミナーの実施が可能となっています。  
 ○展示パネルは全て日英両面仕様となっており、来場者に合わせて入れ替えることができ、スムーズな外国人来場者への対応が可能です。
  
<畳ゾーンとショールームの様子>

3、配置図