MEMSデバイスを用いたアプリケーションを提案し、試作した成果を競う国際コンテストです。

アイディアとものづくりで世界へ挑戦!

iCANはMEMSデバイスを用いたアプリケーションを提案し、試作した成果を競う国際コンテストです。MEMSデバイスを使用していれば、製作に制限はなく、生活の役に立つアプリケーションや新しい発想のユニークなアプリケーション等、例年たくさんの作品を展示しておりました。今回は新型コロナウイルスの感染拡大を鑑みまして、オンライン開催とさせていただきます。一般の方もご覧いただけるよう午後のからYouTubeにてライブ配信をいたしますので、ぜひご視聴いただけますと幸いです。

開催概要

主催 MEMSパークコンソーシアム
東北大学マイクロシステム融合研究開発センター(μSIC)
概要 MEMSデバイスを用いたアプリケーションを提案し、試作した成果を競う国際コンテストです。対象は中学生、高校生、高専生、専門学校生、大学生、大学院生のチームです。世界各国・地域で予選を行い、本選は2021年中に世界大会を行う予定です。(新型コロナウイルスの影響にて詳細は未定となっております)
スケジュール 国内予選会(試作の成果を発表)
2021年 4月25日(日)  オンラインにて開催
           ①10:00~11:50 ポスターセッション(こちらは非公開)
           ②12:50~16:00 各チームによるプレゼンテーション
           ③16:00~16:30 参加チームの交流会(インタビュー)
           ④16:30~17:00 審査結果発表・講評
配信 12:50からの上記②~④プレゼンテーション、交流会インタビュー、審査結果発表等の模様はYouTubeにてライブ配信およびアーカイブで一般公開いたします。

下記がアドレスとなっております。ぜひご覧ください。

https://youtu.be/50eYiC-CHNs


iCAN'21出場チーム紹介

iCAN'21国内予選出場チームのご紹介です。

チーム名          作品名           学校名        
1 Yonekou Senkouka 自動開閉マスク 山形県立米沢工業高等学校専攻科
2 Kofu Minami STMPDS1 Haco-Boon 甲府南高校
3 チームB8 マスクテスターくん 東北大学
4 Kofu Minami STMPDS2 Spoble 甲府南高校
5 Tohtech mizuno labo 1 外れる君 東北工業大学
6 Soy sauce アマエビ 青森県立弘前工業高等学校
7 Teikyo Earthquake Ⅾefenders Development of products falling prevention system
in stores based on Earthquake Early Warnings notices
帝京大学
8

満腹中枢 満腹チェッカー(BEP) 東北大学
東北電子専門学校
学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校
9
KARALAB Sitting time counter 東北工業大学
10
ROGERIO 路面状況検出システムⅡ 石巻専修大学
11
Kitako Development Team HPS(Health Promotion Support) 福島県立郡山北工業高等学校